脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター

脂肪溶解注射の術後の症状

脂肪溶解注射の効果、口コミ、失敗例、料金、モニター、危険性、副作用などについてわかりやすく紹介しています。

脂肪溶解注射の術後の症状

 

脂肪溶解注射は、施術時間が少なく、痛みやダウンタイムも少ないですが、全く術後に症状が出ないということではありません。

 

人工的に体を変化させているのですから、個人差は大きいですが、体に症状が出ることがあります。

 

まずは術後すぐに腫れや赤み、ほてりなどがある場合があります。

 

しかし、この症状は10分程度待つことで改善されるようです。

 

その他に、術後筋肉痛のような痛みがあったり、腫れがなかなか引かないということもあるようですが、これも1週間から2週間で治まってくるようです。

 

ただ、このような症状は個人差が大きいものです。

 

一般的な脂肪吸引と比べて痛みは少ないと言われていますが、痛みが我慢できなかったり、ブーツが履けないくらい腫れてしまう人もいるようです。

 

痛みがどうしても我慢できない場合には、痛み止めを飲むといいようです。

 

その他、なかなか症状が治まらなかったり、不安なことがある場合には、すぐにクリニックに相談するようにしましょう。

 

術後にどんな症状が出るのかは、カウンセリングの時に説明があると思います。

 

不安がある時は、カウンセリングの時に納得いくまで話をすることをオススメします。

 

脂肪溶解注射は体の負担が少ないと言われていますが、術後の症状には個人差があり、強く痛みを感じる人もいるということを知っておきましょう。

 


 
Copyright (C) 脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター All Rights Reserved.