脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター

脂肪溶解注射の術後のケア方法

脂肪溶解注射の効果、口コミ、失敗例、料金、モニター、危険性、副作用などについてわかりやすく紹介しています。

脂肪溶解注射の術後のケア方法

 

一般的な脂肪吸引は、皮膚を切開したり、脂肪を吸引したりと、体への負担が心配ですが、脂肪溶解注射は注射をするだけです。

 

脂肪を溶かす効果がある薬剤を注射するだけで、脂肪だけではなく、頑固なセルライトも溶かすことができるのです。

 

施術も短時間ですし、ダウンタイムも少ない脂肪溶解注射は、世界的にも注目されている痩身法です。

 

そんな脂肪溶解注射をした後は、どんなケアが必要なのでしょうか。

 

施術を受けた後には、腫れや赤み、内出血などを感じることもありますが、これは10分ほどで治まることが多いようです。

 

とはいっても、痛みの感じ方には個人差があるので、強く痛みを感じる人もいるかもしれません。

 

また、施術後時間がたってから筋肉痛のような痛みがある人もいます。

 

この痛みも個人差があるので、痛みがどうしても我慢できない場合には、痛み止めを飲むといいようです。

 

痛みや腫れが続いたとしても1週間から2週間で治まりますが、何か不安なことがあった場合には、クリニックに相談しましょう。

 

施術から1週間が過ぎたら、マッサージをすることで、脂肪溶解注射の効果がアップします。

 

また、この時期は代謝がアップしているので、運動を取り入れることで、効果的に脂肪を燃焼できるようです。

 

是非、運動を取り入れてみましょう。

 


 
Copyright (C) 脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター All Rights Reserved.