脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター

脂肪溶解注射の危険性

脂肪溶解注射の効果、口コミ、失敗例、料金、モニター、危険性、副作用などについてわかりやすく紹介しています。

脂肪溶解注射の危険性

 

脂肪溶解注射は、もともとは医療現場で使われていた方法で、一般的な脂肪吸引よりも安全性が高いと言われています。

 

しかし、全く危険がないわけではありません。

 

これまで、日本では脂肪溶解注射の医療事故は報告されていませんが、使用方法によっては、危険を及ぼしてしまうこともあるのです。

 

まず、脂肪溶解注射で溶解できる脂肪量は限られています。

 

ですから、思うような結果を出すまでには、何度も施術を受けなくてはいけません。

 

それが大変だからといって、脂肪溶解注射を短期間で大量に注射するのはとても危険です。

 

また、脂肪溶解注射に使われている成分は、大豆由来成分であるレシチンです。

 

大豆由来成分ということは、大豆アレルギーの人は脂肪溶解注射をすることができません。

 

その他、妊娠中や糖尿病、腎臓疾患などがある人も脂肪溶解注射を受けることができません。

 

施術をする前のカウンセリングで、アレルギー検査などがあると思いますが、その時に症状などをごまかして施術を受けてしまうと、とても危険です。

 

脂肪溶解注射を受ける時には、医師の指示に従うこと、検査結果や症状などをごまかさないようにしましょう。

 

また、脂肪溶解注射は医療行為です。

 

医師の技術によって仕上がりに差が出てくることもあるので、脂肪溶解注射を受ける時には、信頼できる医師やクリニックを選ぶようにしましょう。

 


 
Copyright (C) 脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター All Rights Reserved.