脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター

脂肪溶解注射の副作用

脂肪溶解注射の効果、口コミ、失敗例、料金、モニター、危険性、副作用などについてわかりやすく紹介しています。

脂肪溶解注射の副作用

 

脂肪吸引はこれまで死亡事故の報告があったり、少し怖いイメージがありました。

 

最近は技術も発達してきているので、事故の危険も少なくなっているようですが、脂肪吸引には色々な方法があり、メスを使わない脂肪吸引もあるのです。

 

その中の一つが、脂肪溶解注射です。

 

脂肪溶解注射は、脂肪が気になる部分に薬剤を注入するだけなので、痛みも少ないですし、皮膚を切開することもありません。

 

ダウンタイムも短く、体への負担が少ない方法です。

 

しかし、副作用が起こることがあることを忘れてはいけません。

 

施術後には、腫れや赤み、ほてりなどを感じることがあるようです。

 

それらは10分ほど経てば治まるのですが、筋肉痛のような痛みや、内出血、腫れ、しこり、むくみなどが1週間から2週間ほど続く場合もあります。

 

痛みの感じ方や症状は個人差が大きいものなので、痛みも症状も全くなかった人もいれば、痛みを我慢できなくて痛み止めを飲んだ人や、腫れが酷くて仕事に行けなかった人もいるようです。

 

脂肪溶解注射は皮膚を切開したり脂肪を吸い取ることもなく、体に負担が少ないと言われていますが、どんな副作用があるのかは、カウンセリングの時にしっかりと確認し、痛みに弱い人などは医師に伝えておくと安心ですね。

 

どんな美容外科手術にも副作用があるように、脂肪溶解注射にも副作用があることを覚えておきましょう。

 


 
Copyright (C) 脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター All Rights Reserved.