脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター

脂肪溶解注射で脂肪が減る仕組み

脂肪溶解注射の効果、口コミ、失敗例、料金、モニター、危険性、副作用などについてわかりやすく紹介しています。

脂肪溶解注射で脂肪が減る仕組み

 

お腹や二の腕、太ももなど、気になる脂肪はありませんか?

 

部分痩せをしようと思っても、なかなか効果的に減らす方法はありませんよね。

 

しかし、脂肪溶解注射なら、気になる脂肪を効果的に減らすことができます。

 

脂肪溶解注射は、どのような仕組みで脂肪が減るのでしょうか。

 

名前からもわかるように、脂肪溶解注射は、脂肪を溶かす薬剤を注射する方法です。

 

薬剤の成分は、大豆から抽出されるフォスファチジルコリンが主となっています。

 

フォスファチジルコリンは、脂質も代謝を高めて、脂肪を解かす働きがあります。

 

このフォスファチジルコリンを脂肪に直接注入することで、脂肪細胞自体を溶かすことができるのです。

 

フォスファチジルコリンは副作用も少なく、効果的に脂肪を減らすことができ、体にかかる負担が少ないことも注目されています。

 

脂肪細胞自体を溶かしてしまうので、リバウンドしにくいのが大きなメリットです。

 

溶けた脂肪は、吸引する必要はなく、徐々に血管やリンパ管を通って、便や尿、汗として排出されるのです。

 

ただ、1度に注入できる脂肪溶解注射の量が限られているので、1度の施術では納得いく結果が出にくいのです。

 

結果を出すためには、何度か施術を行う必要があるので、その点が少し大変ですね。

 

ただ、確実に部分痩せができるは、嬉しい方法ですよね。

 


 
Copyright (C) 脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター All Rights Reserved.