脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター

脂肪溶解注射に痛みや腫れはありませんか?

脂肪溶解注射の効果、口コミ、失敗例、料金、モニター、危険性、副作用などについてわかりやすく紹介しています。

脂肪溶解注射に痛みや腫れはありませんか?

 

脂肪吸引は、皮膚を切開しなくてはいけなかったり、脂肪を吸引しなくてはいけなかったりと、体に負担がかかりやすい方法です。

 

術後には腫れや痛みもありますし、少し怖いイメージがありますね。

 

しかし、脂肪溶解注射は切らない脂肪吸引とも言われている方法です。

 

脂肪溶解剤を脂肪が気になる部分に注入するだけで、脂肪を減らすことができるのです。

 

注射をするだけでいいので、体に負担があまりかからないとして、人気が高まっている方法です。

 

そんな脂肪溶解注射ですが、注射を打つ時にはほとんど麻酔をしないので、チクッとした痛みを感じるようです。

 

クリニックによっては、表面麻酔をしてくれることもあるので、痛みが苦手な人は医師に確認しておきましょう。

 

注射で薬剤を注入した後には、腫れや赤み、ほてりを感じることがあるようですが、10分ほどで徐々に治まっていくようです。

 

その後は、筋肉痛のような痛みや腫れが続く場合もありますが、1週間ほどで治まるようです。

 

痛みや症状はかなり個人差があるので、人によって痛みを全く感じない人もいれば、痛みが強くて痛み止めを飲まなくてはいけない人もいるようです。

 

痛みを感じる期間も人それぞれ違うようなので、気になる時にはクリニックに相談しましょう。

 

カウンセリングの時に、どんな症状が出るのかということを医師に確認しておくと安心ですね。

 


 
Copyright (C) 脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター All Rights Reserved.