脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター

脂肪溶解注射で使われる薬の成分

脂肪溶解注射の効果、口コミ、失敗例、料金、モニター、危険性、副作用などについてわかりやすく紹介しています。

脂肪溶解注射で使われる薬の成分

 

脂肪溶解注射は、薬剤を注射することで、気になる部分の脂肪を減らすことができる方法です。

 

一般的に脂肪吸引は、皮膚を切開してそこから脂肪を吸引します。

 

ですから、体にかかる負担は大きいものです。

 

しかし、脂肪溶解注射は、薬剤を注射するだけなので、痛みも少なく、体に負担も少ない方法として注目されています。

 

そんな脂肪溶解注射ですが、どんな薬剤を使っているのか気になってしまいますよね。

 

脂肪を溶かすのですから、体に良くない成分を使うのではないかと、不安になる人もいるのではないでしょうか。

 

脂肪溶解注射に使用されている薬は、大豆由来成分のレシチンです。

 

レシチンは、ダイエットサプリなどにも使われているものなので、体に悪影響になることはないと言われています。

 

ただ、レシチンは大豆の成分なので、大豆アレルギーの人は、脂肪溶解注射を受けることができません。

 

レシチンを脂肪に注射することで、脂肪を溶かし、自然と体外に排出するのです。

 

では、サプリメントなどでレシチンを飲めば脂肪が減るのかというと、そうではありません。

 

脂肪溶解注射は直接脂肪に注入することで、脂肪を溶かすことができるのです。

 

大豆由来成分なので安全性は高いのですが、この他にもいくつかの成分をブレンドして脂肪溶解剤を作っています。

 

ですから、全く副作用がないわけではないことを知っておいたほうがいいでしょう。

 


 
Copyright (C) 脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター All Rights Reserved.