脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター

脂肪溶解注射と脂肪吸引の違いは何ですか?

脂肪溶解注射の効果、口コミ、失敗例、料金、モニター、危険性、副作用などについてわかりやすく紹介しています。

脂肪溶解注射と脂肪吸引の違いは何ですか?

 

脂肪溶解注射は、切らない脂肪吸引と言われている方法です。

 

脂肪溶解注射は、皮膚を切開せず、薬剤を注入することで、脂肪や気になるセルライトを溶かし出す効果があります。

 

皮膚を切開したり、脂肪を吸引したりする必要がないので、体にあまり負担がかかりません。

 

ダウンタイムが短く、痛みも少ない、リバウンドしにくいなどのメリットはありますが、1回で溶かすことができる脂肪の量は少ないので、1度の施術では効果が実感しにくいなどのデメリットがあります。

 

脂肪吸引は、皮膚を切開し、そこから吸引管を挿入し脂肪を吸い取る方法です。

 

麻酔が切れると痛みもありますし、ダウンタイムも長く、体に負担がかかるなどのデメリットがあります。

 

ただ、1回の施術で吸引できる脂肪は多いので、脂肪が多い人や脂肪が多い部分に効果的などのメリットもあります。

 

脂肪溶解注射は脂肪吸引よりも低価格に設定されていますが、施術を何度も行う必要があるので、脂肪の量や部位によっては高額になってしまう場合もあるようです。

 

お腹の脂肪溶解注射を行って、効果が出るまでに30回以上施術を行ったとの体験談がありました。

 

どちらの施術を受けるかは、医師と相談してみるといいでしょう。

 

また、料金は自由診療なのでクリニックによって違いがあります。

 

どちらの方法も医療行為なので、医師の技術で結果も変わってきます。

 

安いだけのクリニックを選ぶのではなく、信頼できる医師を選ぶようにしましょう。

 


 
Copyright (C) 脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター All Rights Reserved.