脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター

脂肪溶解注射と脂肪融解注射の違いは何ですか?

脂肪溶解注射の効果、口コミ、失敗例、料金、モニター、危険性、副作用などについてわかりやすく紹介しています。

脂肪溶解注射と脂肪融解注射の違いは何ですか?

 

脂肪溶解注射と脂肪融解注射は、名前は似ていますが、少し違いがあります。

 

呼び方を変えると、脂肪溶解注射はメソセラピー、脂肪融解注射はメソリポセラピーTMです。

 

脂肪溶解注射も脂肪融解注射も、薬剤を脂肪が気になる部分に注入することで、脂肪やセルライトを落とす効果があります。

 

どちらもリバウンドしにくいなどのメリットがあります。

 

ただ、薬剤と打ち方に少し違いがあります。

 

脂肪溶解注射は大豆由来成分であるレシチンを主とした薬剤を注入することで脂肪細胞を溶かし、脂肪を排出させるのですが、脂肪融解注射は、脂肪細胞を破裂させます。

 

薬剤は、細胞膜成分と同じものを使用します。

 

そして、打ち方にも違いがあります。

 

脂肪融解注射の方は、筋肉に近い層まで針を刺すのですが、痛みは最小限に抑えられています。

 

また、脂肪溶解注射は、効果が出るまでに何度か施術をしないといけないのですが、脂肪融解注射は1度で効果が出やすい方法です。

 

料金は脂肪融解注射の方が高く設定されていることが多いようです。

 

脂肪溶解注射は、施術の効果が出るまで、何度も施術を受けなくてはいけないので、何度も施術を受けることを考えると、負担も大きいかもしれません。

 

脂肪の量などによっても値段が変わってくるので、医師と一緒に自分に合った方法を決めてから施術を受けるといいでしょう。

 


 
Copyright (C) 脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター All Rights Reserved.