脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター

脂肪溶解注射のデメリット

脂肪溶解注射の効果、口コミ、失敗例、料金、モニター、危険性、副作用などについてわかりやすく紹介しています。

脂肪溶解注射のデメリット

 

世界的にも注目されている脂肪溶解注射は、リバウンドをしにくいとか、体への負担が少ないとか、施術時間が短いとか、色々なメリットがあります。

 

しかし、良いことだけではありません。

 

もちろん、脂肪溶解注射には、デメリットもあります。

 

まず、脂肪溶解注射は気になる部分の脂肪を減らすことができますが、即効性はありません。

 

効果が出るまでには、少し時間がかかるのです。

 

また、1回の施術ではほとんど効果が出ないので、何度もクリニックに通い施術を受ける必要があります。

 

回数は、脂肪の量や部位、体質などによって違ってきます。

 

脂肪吸引よりは費用が低額に設定されているのですが、何度も施術を行う必要があるので、その分、費用が高額になってしまうこともあります。

 

脂肪の量などによっては、一般的な脂肪吸引の方が適していることもあるようです。

 

また、料金は部位によって違ってくるので、カウンセリングの時にクリニックに確認しておいたほうがよいでしょう。

 

体に負担が少ない方法ではありますが、注射をする時に麻酔を使わないことがほとんどなので、針を刺すちくっとした痛みがありますし、術後は筋肉痛のような痛みがあります。

 

1週間程度で治まるようですが、これにも個人差があります。

 

また、脂肪溶解剤には、大豆由来成分が含まれているので、大豆アレルギーの人は受けることができません。

 

妊娠中や腎臓疾患や糖尿病の人なども脂肪溶解注射を受けることができないことも知っておきましょう。

 


 
Copyright (C) 脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター All Rights Reserved.