脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター

脂肪溶解注射の施術までの流れと施術方法

脂肪溶解注射の効果、口コミ、失敗例、料金、モニター、危険性、副作用などについてわかりやすく紹介しています。

脂肪溶解注射の施術までの流れと施術方法

 

切らない脂肪吸引とも言われている脂肪溶解注射の施術は、どのような流れで行われるのでしょうか。

 

まずはカウンセリングから始まります。

 

カウンセリングの時には、どこの脂肪を減らしたいかなどということを話し、脂肪の量や、使用する薬の量、治療する範囲などを決定していきます。

 

この時には自分の要望や、疑問、不安などをしっかりと伝えておきましょう。

 

そして、料金の話しをしておくのも安心ですね。

 

また、カウンセリングの時にアレルギーがないかなどの適性検査も行われます。

 

検査でOkが出たところで、施術に入ります。

 

クリニックによっては表面麻酔や、リラックスできる薬を飲む場合もあるようです。

 

そして、施術部分にマーキングを行います。

 

施術を行うのは、極細の針です。

 

細い針を使うので、痛みはほとんどありません。

 

予防接種をするような痛みと考えましょう。

 

1度に治療できる箇所は、手のひら2枚分ほどで、1箇所につき20ショットほどの注射をします。

 

施術時間は10分ほどで終了します。

 

施術が終わると、すぐに帰ることができます。

 

筋肉痛のような痛みや、多少の腫れ、内出血などがあるかもしれませんが、一般的な脂肪吸引のような強い痛みはありません。

 

軽い痛みは、1週間ほどで治まるようです。

 

短時間で終わって、入院などの必要もなく、すぐに日常生活に戻れるので、脂肪溶解注射をしていることが、周りの人に知られにくいですね。

 


 
Copyright (C) 脂肪溶解注射の効果・口コミ・失敗例・モニター All Rights Reserved.